浦和、9大会ぶり天皇杯制覇王手!李が3戦連発、延長後半Vヘッド



第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会は29日、各地で準決勝が行われ、2006年以来9年ぶりの優勝を目指す浦和は東京・味の素スタジアムで、12年優勝の柏と対戦。延長後半12分に途中出場のFW李忠成(30)が頭で決勝ゴールを決めて柏との死闘を1―0で制し、決勝進出を決めた。


両チームとも得点を奪えないまま、0―0で延長戦に突入。浦和のペトロヴィッチ監督は延長前半開始からFW李と興梠をピッチに送った。柏も同後半にMF栗沢、FW大津を相次いで投入したが、土壇場でチャンスをものにしたのは浦和。同12分、梅崎の左クロスにファーサイドでヘッドで合わせてついに柏ゴールをこじあけた。李は4回戦・町田戦、準々決勝・神戸戦に続き、大会3試合連続ゴール。準々決勝後に「この大会は僕の大会にしたいです」と話していた通りの活躍で、チームに勝利をもたらした。


浦和、9大会ぶり天皇杯制覇王手!李が3戦連発、延長後半Vヘッド (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
【【ACL】天皇杯で柏が負けたため、FC東京がACLプレーオフ出場に!城福監督復帰のFC東京は2/9にチーム作りは間に合う?】の続きを読む