テベスに中国から27億円オファーあった…でも母国を選択「金銭は考慮に値しない」

1582432_heroa


 ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)のアルゼンチン代表FWテベスが現在15位と不振にあえぐ古巣のユベントス(イタリア)について「こんな状況を見ているのはつらい」と心境を明かした。29日までにアルゼンチンのTV番組「ラ・コルニサ」に出演し、インタビューに応じた。


 テベスは「ハートの一部をユーベに置いてきている。GKブッフォンは超スーパー級の選手だし、世代交代の時期にあるけれどチームを信頼している」と話した。


 またユーベからボカに移籍する際、中国のクラブからの破格のオファーがあったことも明かした。「年俸2000万ユーロ(約27億円)という条件だった。でも金銭は考慮に値しない。祖国を離れて10年、愛するチームと親族の方が大切だった」と母国に戻ってきた理由を説明した。


テベスに中国から27億円オファーあった…でも母国を選択「金銭は考慮に値しない」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
【【中国】テベスに中国から27億破格のオファーが来ていた?!しかし母国への愛で拒否】の続きを読む