ついさか

    タグ:レアル・マドリー

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    レアル・マドリー、ジダン監督体制初となるCLで白星 C・ロナウド&ヘセのゴールでローマに先勝

    20160218-00000037-goal-000-4-view


    17日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、オリンピコでのローマ対レアル・マドリーは2−0でマドリーの勝利に終わった。


    あの伝説のボレーで“ノベナ(マドリーの9度目のCL優勝)”達成の立役者となったジダン監督が、マドリーの指揮官として初めて臨むCL。その第一歩を踏み出す、ジダン・マドリーの真価が問われる場所は、すべての道に通じるローマである。


    ジダン監督は先に肩を脱臼しながらも、この試合の招集リストに含まれたマルセロを先発で起用。GKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFモドリッチ、クロース、イスコ、FWハメス、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドをスタメンとして、これまで通り4-3-3のシステムを採用している。一方スパレテッィ監督復帰以降、4−2−3−1、3−4−2−1など様々なシステムを使用してきたローマは4-3−3を選択した。


    レアル・マドリー、ジダン監督体制初となるCLで白星 C・ロナウド&ヘセのゴールでローマに先勝 (GOAL) - Yahoo!ニュース
    【【CL】レアル先勝!ロナウドらのアウェイ2点で勝ち上がりを優位に!ローマ前半0-0で健闘も敗れる―ジダン監督CL初試合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FIFA、マドリー&アトレティコに今後2回の移籍市場で補強禁止処分

    20160114-00000029-goal-000-2-view


    スペインに衝撃が走っている。FIFAは14日、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2クラブに対して、今後2回の移籍市場における補強禁止処分を下すことを発表した。


    FIFAの発表によると、マドリーとアトレティコは18歳未満の外国人選手登録に関して複数の規定に違反したとのこと。これにより、2016年夏の市場と2017年冬の市場での補強が不可能となった。


    FIFAからの補強禁止処分については、昨年バルセロナが18歳未満の選手獲得・登録に関する規定に違反したとして、処分を科せられていた。マドリーとアトレティコはバルセロナが昨年夏にMFアルダ・トゥランとアレイクス・ビダルを獲得しながら今年1月まで選手登録できなかったのと同様に、選手獲得を可能とするものの、その選手を登録して試合に起用することはできない。


    FIFA、マドリー&アトレティコに今後2回の移籍市場で補強禁止処分 (GOAL) - Yahoo!ニュース
    【【リーガ】レアル・アトレティコに補強禁止処分…バルサに続き、マドリー勢も18未満外国人選手登録で―16夏,17冬、2回の移籍市場で禁止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ロベルト・カルロスが禁断の移籍を予言? 「ネイマールがマドリーでプレーする姿が見える」

    20160112-00000013-goal-000-3-view


    ブラジル代表FWネイマールが、レアル・マドリーに禁断の移籍を果たす? ブラジル代表の先輩であるロベルト・カルロスが、セレソンのエースの未来を予言した。


    ネイマールは、2015年で最も高く評価された3選手の一人に選出された。しかし、最終的にバロンドールの投票では、FWリオネル・メッシ、FWクリスティアーノ・ロナウドに続く3位となっている。


    2013年にサントスからバルセロナに加入したネイマールは、チームの主力に成長した。しかし、11年にわたってレアル・マドリーに在籍し、500試合以上に出場したロベルト・カルロスは、ネイマールが将来的にバルセロナのライバルクラブであるレアル・マドリーでプレーする姿が見えると発言した。


    ロベルト・カルロスが禁断の移籍を予言? 「ネイマールがマドリーでプレーする姿が見える」 (GOAL) - Yahoo!ニュース
    【【リーガ】ロベカル、ジダン内閣へ入閣で”ネイマール”を引っ張る?レジェンドがコーチ就任の噂…ジダン新監督の思惑は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    [CL]決勝トーナメント1回戦でビッグマッチ続々!バルサvsアーセナル、チェルシー対パリ、バイエルンはユーベと激突

    20151214-01477628-gekisaka-000-3-view


     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)2015-16の決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が14日に行われた。


    決勝トーナメント1回戦第1戦は16年2月16日、17日、23日、24日に開催。第2戦は同3月8日、9日、15日、16日に行われる。


    以下、組み合わせ(左側が第1戦ホーム)


    ゲント(ベルギー) vs ボルフスブルク(ドイツ)

    ローマ(イタリア) vs レアル・マドリー(スペイン)

    パリSG(フランス) vs チェルシー(イングランド)

    アーセナル(イングランド) vs バルセロナ(スペイン)

    ユベントス(イタリア) vs バイエルン(ドイツ)

    PSV(オランダ) vs A・マドリー(スペイン)

    ベンフィカ(ポルトガル) vs ゼニト(ロシア)

    ディナモ・キエフ(ウクライナ) vs マンチェスター・シティ(イングランド)



    [CL]決勝トーナメント1回戦でビッグマッチ続々!バルサvsアーセナル、チェルシー対パリ、バイエルンはユーベと激突 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【CL】セリエ勢、CL終戦か?ローマはレアル,ユーベはバイエルンを引き、突破が困難に…15-16CL決勝T抽選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    モラタ、ユベントスとの契約を2020年まで延長

    20151211-00000031-jij_afp-000-2-view


    サッカースペイン代表ストライカーのアルバロ・モラタ(Alvaro Morata)が10日、所属するイタリア・セリエAのユベントス(Juventus)との契約を延長し、取りざたされていた去就のうわさに終止符を打った。


    モラタの契約は2019年6月までだったが、ユベントスは「アルバロ・モラタが、2020年6月30日までとする新たな契約にサインした」と発表している。


    モラタは2014年に、スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)から移籍金2000万ユーロでユベントスに加入し、クラブと5年契約を結んでいた。しかし、レアルはモラタを手放す際に、同選手の買い戻しオプションをつけていた。


    モラタの契約延長のニュースは、同選手の去就が不透明だと報じてきたイタリアメディアを沈黙させることになる。


    モラタ、ユベントスとの契約を2020年まで延長 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】ユベントス・モラタが20年まで契約延長!もう心まで白黒?レアルの買い戻しOPには応じない方針か…】の続きを読む

    このページのトップヘ