広島、日本勢初の決勝進出ならず 名門リーベルと互角勝負も及ばず

20151216-00000137-spnannex-000-2-view


◇クラブW杯準決勝 広島0―1リバープレート(2015年12月16日 長居)


3年ぶりに日本で開催されているサッカーのクラブワールドカップ(W杯)は16日、大阪長居スタジアムで準決勝1試合と5位決定戦が行われ、クラブ初の4強入りを果たしたJリーグ王者の広島は南米王者のリバープレート(アルゼンチン)と準決勝で対戦。0―1で敗れ、日本勢初となる決勝進出を逃した。


広島は、今季リーグ戦で史上最多タイとなるJ1通算157得点を達成したFW佐藤や準々決勝で途中出場してゴールを決めたFW浅野らがベンチスタートとなったが、アギーレ前監督時代の昨年に日本代表経験のあるFW皆川らが前半から何度も決定機をつくるなど、南米王者の名門相手に引けをとらない戦いぶりを見せた。


広島、日本勢初の決勝進出ならず 名門リーベルと互角勝負も及ばず (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
【【CWC】前半0-0で折り返すも、広島敗北…南米王者・リーベルプレートが決勝へ進出!明日行われる広州とバルサの勝者と対戦】の続きを読む