ついさか

    タグ:ブンデスリーガ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    仏代表初招集のコマン、今夏のバイエルン移籍に言及「本当に幸せ者」

    20151113-00369637-soccerk-000-1-view


    今夏、ユヴェントスからバイエルンへプレーの場を移したフランス代表FWキングスレイ・コマンが、移籍について語った。11日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。


    同紙によると、コマンはフランス紙『レキップ』とのインタビューに応じ、「バイエルンでこんなにもプレーできるとは思っていなかった。そして、それがフランス代表に繋がったんだ。色々なことが矢継ぎ早に起こったけれど、自分は本当に幸せ者だよ」と話し、ベンチで多くの時間を過ごしていたユヴェントス時代と現在とを比較した。


    また、バイエルンへ2年間のレンタル移籍をすることを決めた理由については、「僕のプレースタイルにより近いチームでプレーするために、ユーヴェを離れることにした。もちろん、ユーヴェでも多くのことを学んだが、あまり試合には出られなかった。今の僕はもう小さな少年ではなく、1人のプロ選手として見てもらいたいんだ」とコメントし、古巣への思いも口にした。


    仏代表初招集のコマン、今夏のバイエルン移籍に言及「本当に幸せ者」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【ブンデス】今夏バイエルンに移籍したFW・コマンがフランス代表初招集!出場数も増え、デシャン監督も「ポテンシャルに期待」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    バイエルンに亀裂か…レヴァンドフスキがパス出さないロッベンに激怒

    s


    バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキと、オランダ代表FWアリエン・ロッベンの間に亀裂が生じているようだ。


    8日に行われたブンデスリーガ第12節でバイエルンはシュトゥットガルトとホームで対戦。結果的にバイエルンの4-0という大勝に終わったが、11日にドイツ誌『スポーツビルト』が報じた内容によると、後半にレヴァンドフスキが激怒している姿が数回散見されたという。理由は、後半に入ってから、ロッベンがフリーの状態で待っているレヴァンドフスキにパスを出さなかったから。そして試合後、このことを質問された同選手は「それについては何も言いたくない」と、苛立ちを隠せなかったそうだ。


    ロッベンはこの件について「逆のパターンだってあるんだよ。つまり、前半に何度か、彼が(周りに)パスを出せるシーンだってあった」と反論。そして「僕たちはお互いに批判的でいなければ。野心は必要だからね」とコメントしているが、『スポーツビルト』によれば、2選手の不仲は今に始まったことではないとのことで、チーム内部ではすでに当たり前のものとなっている様子だ。


    バイエルンに亀裂か…レヴァンドフスキがパス出さないロッベンに激怒 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【ブンデス】バイエルンで内乱?レヴァがロッベンのプレーに不満…グアルディオラも同調?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    開幕連勝記録は10でストップ…長谷部フランクフルトがバイエルン止める

    news_175230_1


    ブンデスリーガは30日、第11節1日目を行い、首位バイエルンは敵地でMF長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦し、0-0で引き分けた。この結果、バイエルンの開幕からの連勝記録は10でストップ。長谷部は右SBでフル出場し、勝ち点1獲得に貢献した。


    バイエルンは前半11分、MFアリエン・ロッベンの左クロスにMFアルトゥーロ・ビダルが頭で合わせる決定機をつくったが、ヘディングシュートはGKルーカス・フラデツキーが右手1本で弾き出すビッグセーブ。ボールポゼッションではバイエルンが圧倒するも、フランクフルトは体を張った粘り強いディフェンスで跳ね返した。


    スコアレスで折り返した後半開始直後にはバイエルンが前線から猛プレスを仕掛けてボールを奪取。MFダグラス・コスタがフィニッシュまで持ち込んだが、またしてもフラデツキーが立ちはだかった。終始、ゲームを支配するバイエルンだが、1点が遠い。後半44分、DFイェロメ・ボアテングの浮き球のパスに反応したFWロベルト・レワンドフスキがゴールネットを揺らすもオフサイドの判定だった。


    結局、試合は0-0のままタイムアップ。前節のケルン戦(4-0)でブンデスリーガ通算1000勝目を挙げるとともにブンデスリーガ記録を更新する開幕10連勝を飾ったバイエルンだが、連勝記録はついにストップ。フランクフルトが王者相手に貴重な勝ち点1を獲得した。


    開幕連勝記録は10でストップ…長谷部フランクフルトがバイエルン止める | ゲキサカ[講談社]
    【【ブンデス】フランクフルトが好調・バイエルンの連勝をストップ!長谷部「アーセナルには及ばない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    何かが足りないドルトムント、12連勝ならず首位陥落/ブンデス

    20150924-00000010-ism-000-0-view



     ドイツ・ブンデスリーガは現地時間23日(以下現地時間)に第6節の残り5試合が行なわれ、香川真司所属のドルトムントは敵地で15位ホッフェンハイムと1対1のドロー。開幕からの連勝が5(公式戦では11)でストップし、首位陥落となった。


     前日の試合で王者バイエルンが大勝したため、3点差以上の勝利を収めなければ単独首位から陥落となるドルトムント。前節から中2日のハードスケジュールで臨んだこの日は、42分にルディに先制ゴールを奪われ、1点ビハインドで前半を折り返す。


     後半に入りホッフェンハイムに退場者が出ると、55分にオーバメヤンの今季7点目のゴールで試合を振り出しに戻す。しかし、試合を支配しながらも最後まで逆転ゴールを奪えず、勝ち点1を得るにとどまった。


    何かが足りないドルトムント、12連勝ならず首位陥落/ブンデス (ISM) - Yahoo!ニュース

    【【ブンデス】復帰のロイスも振るわずードルトムント公式連勝はSTOP…全勝バイエルンに首位を明け渡す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CPlGYdVWUAAJVme


    公式Twitterより




    日本時間:24日3時キックオフ
    【【ブンデス】ドル・香川スタメン予定!ホッフェンハイム戦は3時キックオフ!】の続きを読む

    このページのトップヘ