ハリル明言 来年以降本田1トップ

20151130-00000030-tospoweb-000-1-view


決定力不足を解消する秘策は“オレ様1トップ”だ。日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)が29日、エースFW本田圭佑(29=ACミラン)を来年以降は1トップで起用する方針を明言した。一方で、年明けの欧州視察の際には本田との直接会談も予定。この席でクラブのレギュラーから降格した日本のエースに改めて“移籍のススメ”を説く構えだ。


この日、ハリルホジッチ監督は中学生年代の選手を集めて都内で行われた「KIRINキャンプ」に参加し、約4時間にわたって熱血指導した。重要視する育成年代を指導する貴重な機会に「面白かった。何人かの選手には明るい未来が待っている」と上機嫌だった。


いつになく冗舌な指揮官は、来年から始まるロシアW杯アジア最終予選に向け温めてきた“腹案”まで披露。「本田を真ん中、中央のFWで考えている」と右サイドから1トップへのコンバートを明言。その適性について「彼は足元だけじゃなく、背後にも走り始めている。背後を取ろうと努力し、16メートル(ペナルティーエリア)の中でも必死に点を取ろうとしている。パワーもある」と太鼓判を押した。


ハリル明言 来年以降本田1トップ (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
【【日本代表】ハリル、本田1TOP固定?!厚い信頼を寄せるが、一方でクラブでの立ち位置を危惧「プレーできるクラブに」】の続きを読む