年間3位G大阪が下剋上!! 浦和との死闘制し、広島との頂上決戦へ

20151128-01407218-gekisaka-000-2-view


 J1は28日、チャンピオンシップ準決勝を行い、埼玉スタジアムで年間2位で第1ステージ王者の浦和レッズと年間3位のガンバ大阪が対戦。試合は90分間を1-1で終えると、延長後半13分にDF藤春廣輝が勝ち越しゴールを奪う。その後1点を加点したG大阪が3-1の勝利を収めた。勝利したG大阪は年間首位のサンフレッチェ広島とチャンピオンシップ決勝を戦う。第1戦は12月2日にG大阪のホームで、第2戦は5日に広島のホームで行われる。


 ホームの浦和は11月22日に行われた第2ステージ第17節神戸戦から先発3人を入れ替え、DF那須大亮、DF森脇良太、MF梅崎司が先発起用された。一方のG大阪は最終節の山形戦から先発1人を入れ替え、FWパトリックがスターティングメンバーに名を連ねた。


延長戦を迎えると延長前半8分、MF倉田秋のスルーパスから抜け出したパトリックがPA内まで運んでシュートまで持ち込むが西川に阻まれる。さらに延長後半10分、遠藤のパスからDF米倉恒貴が完全に抜け出したが、シュートは西川の守備範囲に飛んでしまった。同12分にはDF丹羽大輝のバックパスがあわやのオウンゴールになりそうになったが、直後のプレーでG大阪が勝ち越しに成功する。米倉のクロスをDF藤春廣輝が右足ボレーで沈めて、スコアを2-1とした。さらにアディショナルタイムにはパトリックがダメ押しゴールを奪い、G大阪が3-1の勝利を収めてチャンピオンシップ決勝進出を決めた。


年間3位G大阪が下剋上!! 浦和との死闘制し、広島との頂上決戦へ (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
【【JCS】ガンバ大阪CS決勝進出!オウン未遂からのカウンター藤春弾で延長競り勝つ!浦和は延長で力尽き敗退】の続きを読む