ついさか

    タグ:ジェノア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    伊メディア、1G1Aの本田に単独最高点「加入以来最高のパフォーマンス」

    20160214-01620112-gekisaka-000-4-view


    [2.14 セリエA第25節 ミラン2-1ジェノア]


    14日のジェノア戦で今季初ゴールを決めたミランMF本田圭佑を、イタリアメディアも絶賛している。採点記事を掲載したミラン専門メディア『ミランニュース』は、本田にチーム最高点の「7.5」を与えている。


    そして寸評では「ミラン加入以来、最高のパフォーマンスの一つだった。コーナー付近で、アクションが止まったかに見えたがボールを追って(FWカルロス・)バッカの得点をアシストした。そして後半の左足でのゴールで勝ち点3をもたらした」と称えた。


    また、同メディアによると、試合後にシニシャ・ミハイロビッチ監督が「私は個々の選手の話をするのは好きではない」としながらも、本田とMFリッカルド・モントリーボの名前を挙げて、献身性を評価したとしている。


    伊メディア、1G1Aの本田に単独最高点「加入以来最高のパフォーマンス」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】ミラン本田、過去最高のプレーでジェノアを下す!スーパーミドル含む1G1Aの大活躍!メディアも絶賛―ミランも上向きで、CL圏も見えてきた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前半に退場者出したミラン、下位ジェノアに敗れ連勝止まる…本田は4試合ぶり出番なし

    news_172925_1


     セリエAは27日、第6節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でジェノアと対戦し、0-1で敗れた。ミランの連勝は2でストップ。3試合ぶりとなる3敗目を喫した。また、4試合ぶりのベンチスタートなった本田は、今季2度目の出番なしに終わっている。


     攻撃陣が好調のミランは2試合連続3-2で連勝中。前節のウディネーゼ戦はFWマリオ・バロテッリが復帰後初ゴールを記録するなど、勢いが出始めている。ただ、ここまで4試合でトップ下の先発を担ってきた本田にはゴールに絡むプレーはなく、イタリアメディアも厳しい論調で書きたてていた。今節は故障で出遅れていたMFアンドレア・ベルトラッチが復帰したこともあり、4試合ぶりのベンチスタート。本田に代わってトップ下にはMFジャコモ・ボナベントゥーラが入った。


    しかし、ミランは出端を挫かれてしまう。前半10分、MFブレリム・ジェマイリが壁の間を抜くようにして狙ったFKが、壁に入ったボナベントゥーラに当たってコースが変わる。不運な形でボールはゴール右隅に吸い込まれ、第2節以来ゴ―ルのなかったジェノア相手にいきなりビハインドを背負わされることになった。


    前半に退場者出したミラン、下位ジェノアに敗れ連勝止まる…本田は4試合ぶり出番なし | ゲキサカ[講談社]
    【【セリエA】ジェノア戦本田出場せず…ミランは退場者も出し敗北を喫する(動画あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ミランMFベルトラッチが全体練習に復帰…次節は本田に代わって先発か

    20150925-00353804-soccerk-000-1-view


    日本代表FW本田圭佑が所属するミランのイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチが、内転筋のけがから全体練習に復帰したとイタリアメディア『メディアセット』が24日に報じた。


     ベルトラッチは、今月3日に行われたマルタ代表とのユーロ2016予選で負傷。右内転筋肉の損傷により、第3節からの3試合を欠場していた。


     同メディアは、ベルトラッチが昨シーズンに所属した次節のジェノア戦で、これまでトップ下を務めてきた本田に代わって先発出場する可能性があることも伝えている。


    ミランMFベルトラッチが全体練習に復帰…次節は本田に代わって先発か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】本田は次節先発落ち?ミラン・ベルトラッチが練習に復帰し先発か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
      王者ユーヴェがようやく今季初勝利…ポグバが2ゴールに絡む活躍

    GettyImages-489291954-500x333



    セリエA第4節が20日に行われ、ジェノアとユヴェントスが対戦した。


     昨シーズン、セリエA4連覇を果たしたユヴェントスは、ここまで3試合を終えて1分け2敗と未勝利が続いている。主力に負傷者が出たことで苦しいシーズン序盤を過ごしているが、15日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のマンチェスター・C戦で逆転勝利を収め、自信を取り戻しつつある。


     この日はマンチェスター・C戦に続き、「4-3-3」のシステムを採用し、アンカーにはガボン代表MFマリオ・レミナが初スタメン。3トップはコロンビア代表MFフアン・クアドラード、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、スペイン代表FWアルバロ・モラタが並んだ。


    37分、エリア手前左でレミナがボールを受けると、エリア内左のペレイラへパス。ペレイラは一度縦に突破してから切り返し、右足でシュート性のクロスを送ると、ファーサイドのポール・ポグバが右足ダイレクトで合わせた。ボールはクロスバーを直撃してからラマンナに当たってネットを揺らした。


    後半は完全にペースを握ったユヴェントスに待望の追加点が生まれる。60分、CKの流れから上がっていたジョルジョ・キエッリーニがエリア内で倒されると、主審はPKを指示。これをキッカーのポグバがゴール左下にきっちりと決め、リードを2点に広げた。


    このまま試合終了を迎え、ユヴェントスが2-0でジェノアを下して今シーズン初勝利を収めた。


    王者ユーヴェがようやく今季初勝利…ポグバが2ゴールに絡む活躍 | サッカーキング
    【【セリエA】ユベントスが4節でリーグ初勝利!新10番・ポグバが2Gに絡み活躍!】の続きを読む

    このページのトップヘ