ついさか

    タグ:ガンバ大阪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【G大阪】パトリック「可能性があるなら」日本代表入りへ思い語る


    G大阪のブラジル人FWパトリックが17日、日本代表入りへの思いを語った。


    ブラジルに帰国中の今オフ、ブラジル・メディアに対して、日本に帰化してロシアW杯での日本代表入りを目指す希望を明かしていた。チームの始動日となったこの日、取材に応じて「日本代表というところでやってみたい気持ちがある」と改めて語った。「日本人の勤勉なところ、誰にでも優しいところが大好き。(日本に戻ると)家に帰ってきたという思いがある。現実的に難しいのはわかっているが、可能性があるなら努力をしていきたい」。日本への帰化を目指すため、日本語のさらなる習得にも励む意欲をみせた。


    【G大阪】パトリック「可能性があるなら」日本代表入りへ思い語る (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
    【【代表】パトリックは本当に日本代表入りを考えている?歓迎する声の中に代表入りの厳しさを問う声も―パトリック「可能性があるなら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    G大阪連覇へ王手!宇佐美、愛娘誕生から2戦4発に“おしゃぶり”乱発

    20151229-00000132-spnannex-000-1-view


     ◇第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝 G大阪3―0広島(2015年12月29日 ヤンマー)


     第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会は29日、各地で準決勝2試合が行われ、今年のJリーグチャンピオンシップ(CS)決勝の再現となったG大阪―広島の1戦は、同決勝で敗れたG大阪が日本代表FW宇佐美貴史(23)の2試合連続2得点などでJリーグ年間王者の広島を3―0で下し、大会連覇に王手をかけた。来年元日に東京・味の素スタジアムで行われる決勝では、準決勝で柏を下した浦和と対戦する。


    G大阪連覇へ王手!宇佐美、愛娘誕生から2戦4発に“おしゃぶり”乱発 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    【【天皇杯】勝者は連覇かかるガンバか、それとも9年ぶり悲願の優勝狙うレッズか…?―CS準決と同じカードで今年5度目の対戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    年間1位の広島が2年ぶりJ1制覇へまず先勝…終了間際の2発で劇的逆転勝利

    20151202-00376300-soccerk-000-2-view


    明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第1戦が2日に行われ、ガンバ大阪とサンフレッチェ広島が対戦する。


    今季のJ1年間王者を決める決戦で、年間1位の広島と年間3位のG大阪が激突。第1戦をホーム・万博記念競技場で迎えたG大阪は、CS準決勝で年間2位の浦和レッズを延長戦の末に3-1で倒し、決勝に進出を果たした。昨季の3冠王者が下克上でJ1連覇を狙う。一方、今季J1で最多73得点と最少30失点を記録して年間1位になった広島は、2012年、2013年の連覇以来、2年ぶりにJ1王者を目指す。


    両チームの今季J1対戦成績は1勝1敗の五分。なお、昨季のヤマザキナビスコカップでは決勝で対戦し、G大阪が2点差をひっくり返し、3-2の逆転勝利で優勝していた。


    年間1位の広島が2年ぶりJ1制覇へまず先勝…終了間際の2発で劇的逆転勝利 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【JCS】第1戦目はATに2得点逆転で広島が先勝!年間1位の意地を見せる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    年間3位G大阪が下剋上!! 浦和との死闘制し、広島との頂上決戦へ

    20151128-01407218-gekisaka-000-2-view


     J1は28日、チャンピオンシップ準決勝を行い、埼玉スタジアムで年間2位で第1ステージ王者の浦和レッズと年間3位のガンバ大阪が対戦。試合は90分間を1-1で終えると、延長後半13分にDF藤春廣輝が勝ち越しゴールを奪う。その後1点を加点したG大阪が3-1の勝利を収めた。勝利したG大阪は年間首位のサンフレッチェ広島とチャンピオンシップ決勝を戦う。第1戦は12月2日にG大阪のホームで、第2戦は5日に広島のホームで行われる。


     ホームの浦和は11月22日に行われた第2ステージ第17節神戸戦から先発3人を入れ替え、DF那須大亮、DF森脇良太、MF梅崎司が先発起用された。一方のG大阪は最終節の山形戦から先発1人を入れ替え、FWパトリックがスターティングメンバーに名を連ねた。


    延長戦を迎えると延長前半8分、MF倉田秋のスルーパスから抜け出したパトリックがPA内まで運んでシュートまで持ち込むが西川に阻まれる。さらに延長後半10分、遠藤のパスからDF米倉恒貴が完全に抜け出したが、シュートは西川の守備範囲に飛んでしまった。同12分にはDF丹羽大輝のバックパスがあわやのオウンゴールになりそうになったが、直後のプレーでG大阪が勝ち越しに成功する。米倉のクロスをDF藤春廣輝が右足ボレーで沈めて、スコアを2-1とした。さらにアディショナルタイムにはパトリックがダメ押しゴールを奪い、G大阪が3-1の勝利を収めてチャンピオンシップ決勝進出を決めた。


    年間3位G大阪が下剋上!! 浦和との死闘制し、広島との頂上決戦へ (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【JCS】ガンバ大阪CS決勝進出!オウン未遂からのカウンター藤春弾で延長競り勝つ!浦和は延長で力尽き敗退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【G大阪】宇佐美、シュツットガルトから近く正式オファー 複数クラブが興味

    20151109-00000235-sph-000-2-view


    日本代表FWでG大阪の宇佐美貴史(23)に、ドイツ1部シュツットガルトが獲得の有力候補としてリストアップし、近日中にも正式オファーが届く。


    同ブレーメンやスペイン1部バレンシアなど複数の欧州クラブも興味を示しており「ポジティブに捉えたい」と今冬の欧州再挑戦に意欲的。この日は、ランニングやボール回しなどで汗を流した。


    【G大阪】宇佐美、シュツットガルトから近く正式オファー 複数クラブが興味 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
    【【Jリーグ】来季の宇佐美はドイツ?スペイン?複数クラブからオファーの可能性―G大阪サポは新スタでの活躍を望む】の続きを読む

    このページのトップヘ