ついさか

    タグ:インテル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本田アシストなどミランがミラノダービーに快勝!!長友出番なしインテルは守備崩壊

    20160201-01613603-gekisaka-000-1-view


    [1.31 セリエA第22節 ミラン3-0インテル]


    セリエAは1月31日、第22節を行った。MF本田圭佑の所属するミランとDF長友佑都の所属するインテルによるミラノダービーが行われ、3-0で勝利した。先発出場した本田は前半35分のDFアレックスの得点をアシスト。後半44分まで出場した。ベンチスタートの長友は最後まで出番はなかった。


    14年1月に本田がミランに加入して以降、リーグ戦では5度目となるミラノダービー。しかしこれまで本田と長友がともに先発出場したことはない。そしてこの日も公式戦8試合連続の先発出場を果たした本田に対し、長友はリーグ戦3試合連続のベンチスタートになった。

    ~~~

    一方のインテルは完敗に終わった。自慢の守備陣は今季初の3失点。27日のコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦に続く、2戦連続の3失点と崩壊した。序盤戦は首位を守り抜いていたインテルだが、首位ナポリとの勝ち点差は9に広がってしまった。


    本田アシストなどミランがミラノダービーに快勝!!長友出番なしインテルは守備崩壊 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】本田、ミラノダービーで躍動!1アシストを記録し、ミランの勝利に貢献!―3失点、インテルディフェンス崩壊…スクデットは絶望的?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    伊代表FWエデル、インテル加入目前…移籍期限最終日に決定へ

    20160129-00396469-soccerk-000-1-view


    サンプドリアのイタリア代表FWエデルが、日本代表DF長友佑都のインテルへ移籍する見込みとなった。イタリアメディア『メディアセット』が28日に報じている。


    報道によると、まもなくエデルのメディカルチェックが行われ、契約書へサインする見通しだという。同選手は「サンプドリアは、レスターとインテルからのオファーを受け入れた。今は僕自身がどこに移籍するのかを決断しなければならない。『1300万ユーロ(約16億8000万円)は大きな移籍金だ』とクラブが僕に言ったんだ。サンプドリアでの数年間は素晴らしかった。いずれにしろ、退団するのであれば、移籍市場の最終日になるだろう」と親しい人物に話し、後に公となった。


    一方、エデルを放出することとなるサンプドリアには、トリノから元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラが加入する模様。また、エデルへオファーを提示したものの、獲得を逃すことになった日本代表FW岡崎慎司のレスターは、同FW本田圭佑のミランに所属するU-21フランス代表FWエムバイェ・ニアンや日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンに所属するイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレへ関心を示していると報じられている。


    伊代表FWエデル、インテル加入目前…移籍期限最終日に決定へ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】不調のインテル、エデル獲得で再びスクデット争いに加われるか―サンプドリアで12得点、ランク2位と活躍中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    長友同僚DFヴィディッチがインテル退団…腰の手術受け今季出場なし

    20160119-00392716-soccerk-000-2-view


    本代表DF長友佑都が所属するインテルは、元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチとの契約を解消することで合意に達したことを発表した。18日、クラブ公式サイトが伝えている。


    現在34歳のヴィディッチは2014年夏にマンチェスター・Uから自由移籍でインテルに加入。昨シーズンはセリエAで23試合に出場したものの、腰痛に悩まされるなど期待されたパフォーマンスを発揮できず。昨年8月には腰の手術を受けたため、今シーズンはここまでの公式戦全試合を欠場していた。


    ヴィディッチはクラブ公式サイトを通じて、「インテルの全ファミリーとインテルサポーターに感謝している。今後の大きな成功を祈っているよ。フォルツァ、インテル!」と感謝のメッセージを伝えている。


    長友同僚DFヴィディッチがインテル退団…腰の手術受け今季出場なし (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】怪我に泣いたヴィディッチ、インテルとの契約解消に…行先はプレミア?それともMLS?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    長友フル出場のインテル、痛恨後半ATにPK献上…土壇場弾で敗れ首位陥落の可能性

    20160110-01595897-gekisaka-000-1-view


    セリエAは10日、第19節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでサッスオーロと対戦し、0-1で敗れた。勝ち点を39のまま伸ばせなかったインテルは、首位陥落の可能性が出てきてしまった。


    16年最初のゲームとなった6日のエンポリ戦を1-0で制していたインテル。今季9度目の“ウノゼロ”と、ウインターブレイク明けでも、内容のあるゲームを見せることが出来た。中3日で迎えたこの日は、ホームに上位サッスオーロを迎えてのゲーム。直接叩いて、首位をキープしたいところだった。


    スタメンは前節からメンバーに変更はなかった。長友も先発メンバーに名を連ねる。ただ、前節は左SBでの先発となっていたが、今節はDFダニーロ・ダンブロージオとポジションを入れ替えた右SBでの先発となった。


    長友フル出場のインテル、痛恨後半ATにPK献上…土壇場弾で敗れ首位陥落の可能性 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】サッスオーロATにPK弾でインテルに粘り勝ち!ミランダがPK献上後にリャイッチ泣く…後の試合で首位陥落の可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インテルがピルロ復帰を画策か…マンチーニが電話で口説き落とす!?

    20151104-01301676-gekisaka-000-1-view


    DF長友佑都の所属するインテルが冬の移籍市場で司令塔の獲得を狙っており、かつて所属したニューヨーク・シティMFアンドレア・ピルロがリストアップされているようだ。


    98-99シーズンにブレシアからインテルに加入したピルロだったが、翌シーズンにはレッジーナ、翌々シーズンにはブレシアにレンタルに出されるなど本領発揮とはいかず。しかし、01-02シーズンに移籍したミランで好パフォーマンスを披露。ミラン、そして11-12シーズンに移籍したユベントスに多くのタイトルをもたらし、今夏アメリカのニューヨーク・シティへと移籍した。


    『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、攻撃のアイディアを欠くインテルがピルロ復帰を画策しており、チームの指揮を執るロベルト・マンチーニ監督が直接電話で口説こうとしているようだ。かつて、デイビッド・ベッカムがMLSのシーズンオフにミランにレンタル移籍したケースもあるが、現時点でピルロは「ヨーロッパに行くことはないと思うよ」と話している。


    インテルがピルロ復帰を画策か…マンチーニが電話で口説き落とす!? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】ピルロが今冬インテルへ?伊紙が報じるー決まれば、2001年以来の復帰】の続きを読む

    このページのトップヘ