清武が復帰 早速存在感を示すも、最下位ハノーファーの連敗は止まらず

20160222-00000031-goal-000-2-view


ハノーファーMF清武弘嗣がピッチに戻ってきた。21日に行われたブンデスリーガ第22節アウクスブルク戦で、後半からピッチに立っている。 清武は昨年11月に手術を受けて、今シーズン2度目の長期離脱となっていた。清武を失ったハノーファーは調子を落とし、前節終了時点で最下位。7連敗中のチームを救う切り札として、清武が戻ってきている。


15位アウクスブルクとの一戦は、残留争いのライバルとの重要なゲームだった。復帰明けの清武はベンチスタートとなるが、1点ビハインドで折り返すと、後半のスタートから登場。チームの攻撃で抜群の存在感を示す。


得意のセットプレーでも質の高いボールを供給したが、ハノーファーは最後までゴールを奪うことができない。後半アディショナルタイムのCKでは清武が上げたボールが決定機を生むが、ミロセビッチのヘディングシュートは相手GKがファインセーブ。清武はあと一歩で“救世主”になれず、ハノーファーは0−1で敗れて、連敗は8に伸びてしまった。


清武が復帰 早速存在感を示すも、最下位ハノーファーの連敗は止まらず (GOAL) - Yahoo!ニュース
【【ブンデス】清武復帰で好機作るも、8連敗でハノーファー降格ルートから抜けられず…No.10のスタメン復帰で状況が変わるか】の続きを読む