ついさか

    カテゴリ: CL

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マンUがCSKAとドロー、マーシャルPK献上も自ら同点弾/CL

    20151022-00000016-ism-000-1-view


    チャンピオンズリーグは現地時間21日にグループリーグ第3節の残り8試合が行なわれ、グループBではマンチェスターU(イングランド)が敵地でCSKAモスクワ(ロシア)と1対1で引き分けた。


    アウェイに赴いたマンUは立ち上がりに、フェルナンデスを止めようとしたマーシャルのハンドでPKを献上。エレメンコのキックは守護神デヘアが阻むも、こぼれ球をドゥンビアに押し込まれて先制を許す。


    追い付きたいマンUは、後半からシュヴァインシュタイガーに代えてフェライニを投入すると、徐々にペースを掴む。すると65分、バレンシアのクロスからマルシャルのダイビングヘッドで同点に追いつく。その後は両チームともに勝ち越し点を奪えず、試合は1対1で終了した。


    マンUがCSKAとドロー、マーシャルPK献上も自ら同点弾/CL (ISM) - Yahoo!ニュース
    【【CL】マンUがCSKAと1-1ドロー…PK与え自ら得点、マルシアル劇場も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
      終了間際のPKで競り勝ったシティ、「奇妙な試合」「勝ちに値しない内容」

    20151001-01153678-gekisaka-000-2-view


    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は30日、第2節2日目を行った。D組のマンチェスター・シティ(イングランド)は敵地でボルシアMG(ドイツ)に2-1で逆転勝ちし、今大会初勝利を挙げた。試合後のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。


     シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は「とても奇妙な試合だった。65分間で、両チームともいくつかの決定的なチャンスがあったが、得点が決まることはなかった」とコメント。


    「特に相手の守備が良かった。我々の守備は、良いプレーができたとは言えない。だが、最後の30分で最終的に逆転することができた。ボルシアMGも、本当に良いプレーだったよ。相手チームが速いってことは、試合前から分かっていた。中盤からボックス内への動きが速いということをね」と相手を称えた。


    終了間際のPKで競り勝ったシティ、「奇妙な試合」「勝ちに値しない内容」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【CLD組】シティが終了間際のPKで辛勝―BMGを下し勝点3を得る】の続きを読む

    このページのトップヘ