ついさか

    カテゴリ: セリエA

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    伊メディア、1G1Aの本田に単独最高点「加入以来最高のパフォーマンス」

    20160214-01620112-gekisaka-000-4-view


    [2.14 セリエA第25節 ミラン2-1ジェノア]


    14日のジェノア戦で今季初ゴールを決めたミランMF本田圭佑を、イタリアメディアも絶賛している。採点記事を掲載したミラン専門メディア『ミランニュース』は、本田にチーム最高点の「7.5」を与えている。


    そして寸評では「ミラン加入以来、最高のパフォーマンスの一つだった。コーナー付近で、アクションが止まったかに見えたがボールを追って(FWカルロス・)バッカの得点をアシストした。そして後半の左足でのゴールで勝ち点3をもたらした」と称えた。


    また、同メディアによると、試合後にシニシャ・ミハイロビッチ監督が「私は個々の選手の話をするのは好きではない」としながらも、本田とMFリッカルド・モントリーボの名前を挙げて、献身性を評価したとしている。


    伊メディア、1G1Aの本田に単独最高点「加入以来最高のパフォーマンス」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】ミラン本田、過去最高のプレーでジェノアを下す!スーパーミドル含む1G1Aの大活躍!メディアも絶賛―ミランも上向きで、CL圏も見えてきた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    88分のスーパーサブ弾で15連勝! ユーヴェ、ナポリとの天王山を制して首位に浮上

    20160214-00000029-goal-000-2-view


    13日に行われたセリエA第25節、ユヴェントス対ナポリの一戦は、1-0でホームのユヴェントスが勝利を収めた。 キエッリーニとカセレスが負傷で不在のユーヴェは、3バックではなく4バックを選択し、リヒトシュタイナーとエブラが両サイドを務める。4-4-2の中盤には、復帰したばかりのケディラが先発。前線はモラタとディバラがコンビを組み、ベストメンバーのナポリを迎えた。


    総得点が2位、総失点が首位のユーヴェと、総得点が首位、総失点が2位のナポリ。ともにクラブレコードとなる14連勝と8連勝を達成し、勝ち点2差で迎えた天王山とあり、両チームは前半から随所にクオリティーの高さを見せる。高い集中力を保ち、互いに決定機をなかなか許さない。


    このままドローに終わるかと思われた88分、一発で均衡が破れる。エブラからのパスを受けたザザが、トラップでクリバリのマークを外してから左足でミドルシュート。アルビオルに当たってわずかにコースが変わり、これが決まった。


    ナポリはすぐにガッビアディーニを投入するが、あまりにも残り時間は少なく、3分のアディショナルタイムでも追いつけず。イグアインの連続得点、チームの連勝を止められ、首位の座から陥落と悔しい結果に終わった。


    セリエA記録まであと2つとなる15連勝を飾ったユーヴェは、ついにナポリを抜いて勝ち点1差で首位に浮上。ボヌッチらのコンディションが心配されるが、次節ボローニャ戦を経て、23日には次のビッグマッチ、チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦に臨む。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000029-goal-socc
    【【セリエA】セリエ天王山はスーパーサブ・ザザの劇的ゴールでユベントスに軍配!一進一退の攻防もナポリ決めきれず…ユーベ怒涛の15連勝で首位に立つ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本田が先発フル出場、ミラン後半追いつきドロー

    20160208-00000002-nksports-000-2-view


    <セリエA:ACミラン1-1ウディネーゼ>◇7日◇ミラノ ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)がホームのウディネーゼ戦でスタメン起用された。


    いつもの右MFに入った。


    ミランはけがでMFボナベントゥーラを欠いた影響か前半は無得点。かつてミランに在籍していたウディネーゼのDFアルメロに得点を許し、ミラン0-1で折り返した。


    後半、ミランはFWバロテリを投入。すぐにFWニアンの同点ゴールが決まった。ただ、その後、逆転はならなかった。


    本田が先発フル出場、ミラン後半追いつきドロー (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】ミラン、本田フル出場もウディネーゼに引き分け…左サイド本田等、ミハイロビッチの疑問の残る采配も―欧州カップ圏内へ行けるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本田アシストなどミランがミラノダービーに快勝!!長友出番なしインテルは守備崩壊

    20160201-01613603-gekisaka-000-1-view


    [1.31 セリエA第22節 ミラン3-0インテル]


    セリエAは1月31日、第22節を行った。MF本田圭佑の所属するミランとDF長友佑都の所属するインテルによるミラノダービーが行われ、3-0で勝利した。先発出場した本田は前半35分のDFアレックスの得点をアシスト。後半44分まで出場した。ベンチスタートの長友は最後まで出番はなかった。


    14年1月に本田がミランに加入して以降、リーグ戦では5度目となるミラノダービー。しかしこれまで本田と長友がともに先発出場したことはない。そしてこの日も公式戦8試合連続の先発出場を果たした本田に対し、長友はリーグ戦3試合連続のベンチスタートになった。

    ~~~

    一方のインテルは完敗に終わった。自慢の守備陣は今季初の3失点。27日のコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦に続く、2戦連続の3失点と崩壊した。序盤戦は首位を守り抜いていたインテルだが、首位ナポリとの勝ち点差は9に広がってしまった。


    本田アシストなどミランがミラノダービーに快勝!!長友出番なしインテルは守備崩壊 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】本田、ミラノダービーで躍動!1アシストを記録し、ミランの勝利に貢献!―3失点、インテルディフェンス崩壊…スクデットは絶望的?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    伊代表FWエデル、インテル加入目前…移籍期限最終日に決定へ

    20160129-00396469-soccerk-000-1-view


    サンプドリアのイタリア代表FWエデルが、日本代表DF長友佑都のインテルへ移籍する見込みとなった。イタリアメディア『メディアセット』が28日に報じている。


    報道によると、まもなくエデルのメディカルチェックが行われ、契約書へサインする見通しだという。同選手は「サンプドリアは、レスターとインテルからのオファーを受け入れた。今は僕自身がどこに移籍するのかを決断しなければならない。『1300万ユーロ(約16億8000万円)は大きな移籍金だ』とクラブが僕に言ったんだ。サンプドリアでの数年間は素晴らしかった。いずれにしろ、退団するのであれば、移籍市場の最終日になるだろう」と親しい人物に話し、後に公となった。


    一方、エデルを放出することとなるサンプドリアには、トリノから元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラが加入する模様。また、エデルへオファーを提示したものの、獲得を逃すことになった日本代表FW岡崎慎司のレスターは、同FW本田圭佑のミランに所属するU-21フランス代表FWエムバイェ・ニアンや日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンに所属するイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレへ関心を示していると報じられている。


    伊代表FWエデル、インテル加入目前…移籍期限最終日に決定へ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】不調のインテル、エデル獲得で再びスクデット争いに加われるか―サンプドリアで12得点、ランク2位と活躍中】の続きを読む

    このページのトップヘ