ついさか

    2016年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ミラン本田 フル出場で同点アシスト

    20160110-00000014-tospoweb-000-1-view


    【9日の海外サッカー:イタリア】日本代表FW本田圭佑(29)が所属するACミランはアウェーでローマと対戦して1―1で引き分けた。2016年の初勝利はお預けとなったものの、フル出場した本田は後半に同点弾をアシストした。


    1点ビハインドで迎えた後半5分。右サイドでボールを受けた本田は左足でフワリとボールを浮かせた。


    これがローマDF陣の頭上を越え、ファーサイドに飛び込んだクツカが頭で合わせてゴールを決めた。


    英語でのインタビューが「チーム批判」とイタリア語に誤訳された騒動の中で迎えた前節はホームで下位のボローニャに0―1と敗戦。汚名返上を狙った試合は勝てなかったが、最低限の存在感は示した。


    ミラン本田 フル出場で同点アシスト (東スポWeb) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】本田、アシストでミランを救う!ローマ相手に引き分けとなる同点弾を演出―本田に風が吹く?チェルチとの右サイド争いで一歩前進か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ユベントスが8連勝、3得点でエラス・ベローナを粉砕

    20160107-00000029-jij_afp-000-1-view


    15-16イタリア・セリエAは6日、第18節の試合が各地で行われ、ユベントス(Juventus)は3-0でエラス・ベローナ(Hellas Verona)に快勝した。


    昨年10月末からのリーグ戦8連勝で、シーズン序盤の失速を過去のものにしたユベントスだが、順位表では首位インテル(Inter Milan)と勝ち点4差の4位にとどまっている。ユベントスと勝ち点3差の5位には、同日にキエーボ・ベローナ(Chievo Verona)と3-3で引き分け、勝ち点3を逃したASローマ(AS Roma)がつけている。


    ユベントスが8連勝、3得点でエラス・ベローナを粉砕 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
    【【セリエA】ユベントス破竹の8連勝でスクデットも見えてきた?ディバラ、ポグバ、ザザなど若手の活躍でヴェローナに快勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ペップついに沈黙破る…退任理由を「プレミア挑戦」と明言

    20160106-01577687-gekisaka-000-1-view


    今季限りでバイエルンの監督を退任することがすでに発表になっているジョゼップ・グアルディオラ監督が、5日に行った会見で「プレミアリーグへの挑戦」を語った。『メトロ』など欧州各国メディアが伝えている。


    退任理由についてついに口を開いた。ペップは「私がバイエルンとの契約を延長しない理由はいたってシンプルだ」とすると、「プレミアリーグで監督がしたいからだ」と堂々宣言。ただ、マンチェスター・シティが最有力とされる行き先については、「新しいクラブが決まったら、クラブ側からアナウンスがあるだろう。現時点では何も確定していないから私の口から言えることはない」と明言を避けた。


    「バイエルンが私に信頼を寄せてくれていることについては、とても嬉しいし感謝している。しかし、私には新しいチャレンジが必要なんだ」


    ペップついに沈黙破る…退任理由を「プレミア挑戦」と明言 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
    【【プレミア】ドイツ制覇しプレミアへ?グアルディオラが契約切れでプレミアのクラブを模索中…3リーグ目の新たなチャレンジへ、すでに多数のオファー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジダン監督はレアルを再生できるのか? 鍵を握るアンチェロッティ時代への回帰

    20160106-00387862-soccerk-000-1-view


    4日からジネディーヌ・ジダンを新監督に据えて、再スタートを切ったレアル・マドリード。ジダンの監督就任は、フロレンティーノ・ペレス会長が数年前から温めてきたプランであり、そのタイミングは理想的とは言えないにせよ、迷いのない決断だったはずだ。


    もっとも、いくらクラブのレジェンドがチームを率いるようになったからといって、この先の成功が保証されているわけではない。一部のメディアやファンからは、指導者としてのキャリアは不十分ながら、就任直後から古巣に大きな成功をもたらした、バルセロナ時代のジョゼップ・グアルディオラ監督に重ねる声が挙がっている。だがジダンの場合は、シーズン途中からの監督就任というハンデを背負っているのだ。かつて、選手、監督、ディレクターと異なる3つの立場でレアルに関わったことのあるホルヘ・バルダーノが、スペインのラジオ局『カデナ・セール』で「リスクのある懸け」と指摘したように、現状がさらに悪化する可能性もあり、ペレス会長は“博打”を打ったとも言える。


    ジダン監督はレアルを再生できるのか? 鍵を握るアンチェロッティ時代への回帰 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    【【リーガ】レアル・ジダンは使い捨て?それともグアルディオラを見ているのか…U監督からの昇格人事―ミランのようにレジェンド使い捨てを危惧する声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    浦和、天皇杯7度目の優勝ならず G大阪に1―2、8季連続で無冠

    20160103-00010004-saitama-000-1-view


    サッカーの第95回天皇杯全日本選手権最終日は1日、味の素スタジアムで決勝が行われ、浦和はG大阪に1―2で敗れ、9大会ぶり7度目の優勝はならなかった。今季のJ1第1ステージこそ制したものの、これで主要タイトルは07年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)優勝以来、8季連続で無冠となった。


    浦和は前半32分、中盤で球を失い、G大阪のパトリックに独走されて先制点を奪われた。しかし4分後の36分、梅崎の右クロスを李がヘッド。ポストに当たったこぼれ球を興梠が左足で沈めて同点とした。それでも後半8分、CKでフリーになったパトリックに決められて勝ち越された。


    その後はさらに攻勢を仕掛けたが、決定力を欠いてシュート20本で1点止まり。同9本で2点を奪ったG大阪に競り負けた。ミハイロ・ペトロビッチ(ミシャ)監督は「敗戦にはがっかりしているが、選手たちは勝利するべく全力で戦ってくれた」と話した。


    浦和、天皇杯7度目の優勝ならず G大阪に1―2、8季連続で無冠 (埼玉新聞) - Yahoo!ニュース
    【【Jリーグ】天皇杯で負け、準優勝となった浦和8季連続の無冠…毎年補強も、無冠の原因はどこに?】の続きを読む

    このページのトップヘ