ついさか

    2015年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    乾所属の6位エイバル、今節の相手レアルは今が叩き時か

    20151127-00000013-ism-000-1-view


    現地時間29日(以下現地時間)に行なわれるリーガ・エスパニョーラ第13節で、レアル・マドリーを本拠地に迎える乾貴士所属のエイバル。強敵との対戦だが、ピッチ内外で問題が噴出するレアルは今が叩き時という見方もある。


    早くも第13節で、それも昨季降格の危機にあったエイバルを相手に、指揮官としての質が問われる事態になるとはラファエル・ベニテス監督も想像しなかったに違いない。前週のリーガで宿敵バルセロナとの「クラシコ」に0対4と完敗を喫したレアルは、これで3位に転落。不満を募らせた多くのファンはスタジアムで白いハンカチを振り、ベニテス監督の解任と、フロレンティーノ・ペレス会長の辞任を求めて叫び声を上げた。


    ペレス会長はすぐに、レアルはベニテス監督を信頼していると宣言したものの、25日のチャンピオンズリーグ(以下CL)シャフタール・ドネツク(ウクライナ)戦では、4点を先行しながらもそこから3失点を喫する薄氷の勝利だった。チームのポテンシャルを活かせずに終わったのはこの試合だけではない。クラシコより前に行なわれたCLパリSG(フランス)戦、リーガでのセビーリャ戦でも、スター選手を抱えるチームらしからぬパフォーマンスが続いていた。


    乾所属の6位エイバル、今節の相手レアルは今が叩き時か (ISM) - Yahoo!ニュース
    【【リーガ】現在6位、好調乾所属・エイバルは不調レアルと今節対戦―負ければレアル・ベニテス監督は解雇?】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ユベントス1次L突破 マンC破り首位で最終節へ

    20151126-00000029-nksports-000-1-view


    前回大会準優勝のユベントス(イタリア)が、すでに決勝トーナメント進出を決めているマンチェスターC(イングランド)をホームで1-0で下し、2大会連続の16強入りを決めた。


    前半18分、MFボグバが中央をドリブルで持ち込んで左サイドへ送り、DFサンドロが左足で浮き球のクロス。これをFWマンジュキッチが右足ボレーを決めて先制。この1点をGKブフォンの好セーブなどで守り抜いた。


    ユベントスは3勝2分けで勝ち点を11として首位に浮上し、1次リーグ突破を決めた。マンチェスターCは2差の2位に後退した。


    ユベントス1次L突破 マンC破り首位で最終節へ (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
    【【CL】マンジュキッチ弾でシティに2連勝!ユベントスがGL突破を決める!】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェルシー4発決勝Tへ前進 ポルトと首位並ぶ

    20151125-00000030-nksports-000-2-view


    チェルシー(イングランド)がマカビ・テルアビブ(イスラエル)に4-0で快勝。ポルト(ポルトガル)がディナモ・キエフ(ウクライナ)に0-2で敗れたため、チェルシーとポルトが勝ち点10で並び、2差でディナモ・キエフが追う混戦となった。


    チェルシーは前半20分、FWビリアンの右CKをDFケーヒルがヘディングシュート。相手GKにはじかれた後ポストにはね返ったこぼれ球を、再びケーヒルが右足で押し込んで先制した。同40分に相手DFが一発レッドで数的優位に立ち、後半28分にビリアンがゴールやや左からのFKを右足で直接沈め、同32分には左サイドからのDFババのクロスをMFオスカルが強烈なヘディングシュートを決めてリードを広げた。さらに、同ロスタイムには右CKにDFズマが頭を合わせてトドメを刺した。


    12月9日の最終節でチェルシーはホームでポルトと、ディナモ・キエフはホームでマカビ・テルアビブと対戦する。


    チェルシー4発決勝Tへ前進 ポルトと首位並ぶ (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
    【【プレミア】チェルシー快勝!リーグ不調もCLは突破か…次戦勝ち点並ぶポルトと直接対決、キエフも2差で追う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    クラシコは衝撃の結末 バルサが敵地ベルナベウで4得点を叩き込みマドリーを粉砕

    20151122-00000032-goal-000-2-view


    21日に行われたリーガエスパニョーラ第12節、レアル・マドリー対バルセロナの一戦は、アウェーのバルセロナが4-0で勝利している。


    マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた113回目のクラシコ。13日のパリ同時多発テロから間もなくの開催となり、1000人の警察と1400人の警備員が配置される超厳戒態勢でキックオフを迎える。試合前にはスタンドに大きなフランスの国旗が掲げられ、フランスの国家がピアノ演奏で流される。両チームの選手・監督がピッチに並び、追悼の意が示された。


    注目を集めた両チームのスタメンだが、バルセロナは復帰初戦となるメッシをベンチスタートとする。同じく負傷明けのラキティッチは先発に名を連ね、S・ロベルトが右ウィングでL・スアレス、ネイマールと3トップを形成する。一方のマドリーはハメスとベンゼマを起用し、ベイルとC・ロナウドを含む“BBC”が9月15日以来スタートからピッチに立つ。


    クラシコは衝撃の結末 バルサが敵地ベルナベウで4得点を叩き込みマドリーを粉砕 (GOAL) - Yahoo!ニュース
    【【リーガ】エンリケバルサ、ベルナベウ制圧!4失点レアル成す術無し…伝統のクラシコでバルサ圧勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トゥヘル、完敗に怒りあらわ 「あんなパフォーマンスでは何も成し遂げられない」

    20151121-00010023-theworld-000-2-view


    ルール・ダービーで勝利を収め、最高の形で代表ウィークに入ったドルトムントだったが、中断明けのハンブルガー戦では3失点完敗を喫することになった。チームを率いるトーマス・トゥヘル監督はこの結果に失望を露わにしている。


    「前半から、自分たちの求めていたプレイと実際に見せたものには大きな違いがあった。試合への入りは不注意だったし、それはすぐに結果となって現れてしまった。開始直後からボディランゲージや戦いへの姿勢が欠けていたと思う」


    トゥヘル監督は試合後に独『スカイ』のインタビューにそう話し、自軍のパフォーマンスに不満を述べた。前半のドルトムントは相手のペースに飲まれ、満足にチャンスを作ることができず、反対に相手にチャンスを与えてしまい、2失点を喫している。試合終盤にかけてゴールに迫る場面も見られたが、ハンブルガーのGKアドラーが再三のビッグセーブでこれをしのぎ、そのまま勝利に導いた。


    「ブンデスリーガで結果を残すために必要なことができていなかった。中断期間中はハードに練習に取り組んできたし、試合直前のミーティングでもああいったプレイをしてしまう予感はなかったのだけれどね。ああいったパフォーマンス、集中力では何も成し遂げることはできないよ」


    トゥヘル、完敗に怒りあらわ 「あんなパフォーマンスでは何も成し遂げられない」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース
    【【ブンデス】ドル完敗…トゥヘル激怒?香川らの出来に「あんなパフォーマンスでは何も成し遂げられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ