10か月ぶり復帰のウェルベックが劇的決勝点!!3位アーセナルは首位レスターと2ポイント差に

20160214-01620086-gekisaka-000-1-view


[2.14 プレミアリーグ第26節 アーセナル2-1レスター・シティ]  プレミアリーグは14日、第26節2日目を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でアーセナルと対戦。数的優位となったアーセナルが後半25分に追いつくと、終了間際に10か月ぶりの復帰を果たしたFWダニー・ウェルベックの劇的決勝点で2-1の逆転勝利をおさめた。6試合連続で先発に名を連ねた岡崎は、果敢に相手の裏を狙うなど献身的な動きでチームに貢献し、後半16分までプレーした。


首位レスターは2日の第24節リバプール戦、6日の第25節マンチェスター・シティ戦と強豪相手に連勝。クラウディオ・ラニエリ監督はリーグ戦6試合連続で全く同じ11人を先発として送り出す。一方で2位トッテナムと勝ち点で並ぶ3位アーセナルは、前節ボーンマス戦から2人を入れ替え、DFペア・メルテザッカーとMFフランシス・コクランが先発に名を連ねた。


試合はレスターがアーセナルの攻撃に耐えるといった構図に。すると、後半25分、右サイドからDFエクトル・ベジェリンが上げたクロスをジルがヘッドで落とし、PA右からウォルコットが右足ボレー。フリーで放ったシュートがゴールネットを揺らし、アーセナルが同点に追いつく。さらに攻勢を強めるアーセナルは38分にウェルベックを投入。ウェルベックは昨年4月以来の復帰となった。


終盤に向けてシュートを浴びせるアーセナルは後半40分、メルテザッカーが決定的なヘディングシュートを放つもわずかにゴール左へ。最後まで諦めない姿勢を見せると、迎えた後半アディショナルタイム5分、エジルのFKからウェルベックが決勝ヘッドを叩きこみ、2-1と逆転。土壇場で勝利をつかんだアーセナルは首位レスターとの勝ち点差を2に縮めた。


10か月ぶり復帰のウェルベックが劇的決勝点!!3位アーセナルは首位レスターと2ポイント差に (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
スポンサードリンク
































スポンサードリンク