マンC、来季のグアルディオラ監督就任を発表 3年越しの“ラブコール”実る

20160202-00000010-ism-000-0-view


マンチェスターC(イングランド)は現地時間1日、今季限りでマヌエル・ペリェグリーニ監督(62)が退任し、来季より現バイエルン(ドイツ)のペップ・グアルディオラ監督(45)を招聘することを発表した。契約期間は3年。


マンCは、グアルディオラ監督がバルセロナ(スペイン)を離れた2012年にも、招聘に動いていたが実現せず。今回3年越しとなる交渉成立だったと、クラブ公式HP上で説明している。


現在チームを率いるペリェグリーニ監督は、この人事について「1カ月前」に知らされていたという。同監督は「この件については様々な噂が飛び交っていた。しかし、彼ら(クラブ)は私に対して、隠し事は何もしなかった」と、事前にクラブ側から話があったことを明かしている。


マンC、来季のグアルディオラ監督就任を発表 3年越しの“ラブコール”実る (ISM) - Yahoo!ニュース
スポンサードリンク






















スポンサードリンク