FIFA、マドリー&アトレティコに今後2回の移籍市場で補強禁止処分

20160114-00000029-goal-000-2-view


スペインに衝撃が走っている。FIFAは14日、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2クラブに対して、今後2回の移籍市場における補強禁止処分を下すことを発表した。


FIFAの発表によると、マドリーとアトレティコは18歳未満の外国人選手登録に関して複数の規定に違反したとのこと。これにより、2016年夏の市場と2017年冬の市場での補強が不可能となった。


FIFAからの補強禁止処分については、昨年バルセロナが18歳未満の選手獲得・登録に関する規定に違反したとして、処分を科せられていた。マドリーとアトレティコはバルセロナが昨年夏にMFアルダ・トゥランとアレイクス・ビダルを獲得しながら今年1月まで選手登録できなかったのと同様に、選手獲得を可能とするものの、その選手を登録して試合に起用することはできない。


FIFA、マドリー&アトレティコに今後2回の移籍市場で補強禁止処分 (GOAL) - Yahoo!ニュース
スポンサードリンク





























スポンサードリンク