移籍解禁のバルサが緊急補強! 1月にアメリカで奇跡の復活を果たしたイタリアの天才獲得へ

20151117-00010012-soccermzw-000-2-view


冬の移籍市場で補強を目論むバルセロナのターゲットとして今季米MLSで得点王とアシスト王の二冠を達成したイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(トロントFC)が有力候補として急浮上している。イタリア国営放送「Rai Sport」によれば、選手の代理人アンドレア・ダミコ氏はバルサからすでに接触があったと認めているという。


ジョビンコはかつてユベントスで将来を嘱望され、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロの後継者としても期待をかけられた。エンポリやパルマでの期限付き移籍の期間を経て、今季からカナダを本拠地として米MLSに参戦するトロントFCに移籍した。


ジョビンコは28歳というキャリアのピークを迎える年齢での米移籍は第一線を退くことを意味するのではと、危惧されたがそんな心配は杞憂に終わった。初参戦のMLSで、レギュラーシーズン33試合出場で22得点16アシストで得点王、アシスト王を同時受賞する驚異的な活躍で、イタリア代表にも復帰した。


移籍解禁のバルサが緊急補強! 1月にアメリカで奇跡の復活を果たしたイタリアの天才獲得へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース
スポンサードリンク


動画








スポンサードリンク